治療費について

治療中

健康保険が必要

一般歯科では多くの方が利用する健康保険で治療を実質負担に思っている方は圧倒的に少なくなっていす。
最近では、健康保険が利用できるようになったのでとても便利になりました、しかし、自己負担の金額が上がってしまうので余裕がある時にしっかりと健康保険が利用できるかどうか把握しておきましょう。
矯正歯科医院ではとくに治療の内容によっては自己負担だということが多いのでしっかりと健康保険の使用が出来るかどうか確認を行ないましょう。
歯の痛みなどを取り除く治療を行なうような一般歯科では日常にも様々な影響を及ぼす可能性があるので健康保険が適用される場合が高い治療が多いですが、専門歯科である矯正歯科と審美歯科は治療が自己負担の場合が高いので注意しましょう。

医療費控除

健康保険が利用できない矯正治療とホワイトニング治療ですが、医療費の実質的な負担額を下げる事が出来ます。
医療費控除の仕組みとしては10万以上かかってしまう医療費や医療器具を購入する際に税金が免除されるシステムのことです。
10万円以上の医療費や医療器具を購入した際に確定申告などで申請する事で実際の自己負担額を減らすという制度となっています。
最近ではこのような医療費の負担を減らそうという制度を積極的に利用することで金額的な問題で治療を受けられなというケースを減らすことが出来ます。
しかし、医療費控除の申請を行なう場合は成人の場合は医師の診断書などが必要になってくるので医師に診断書を請求しましょう。